痩せられないのは○○が原因かも?

ダイエットシーズン到来!

気候が良くなってきて、
公園でジョギングをしている人達を
よく見かけるようになってきました。

ダイエットでは
摂取カロリーを減らして、
消費カロリーを増やすのが
きほんのキ」と言われますが、
実際にはそれをやっても
なかなか体重が減らない人も多くいます。

いったい何が問題なのでしょうか?

今回はその原因の一つについて
説明したいと思います。

火事とボヤ

その原因の一つが「炎症」だと言ったら
あなたは驚くでしょうか?

えーっ炎症ってケガをした時とか、
バイ菌が入った時に
赤く腫れて痛くなるやつでしょ?

私、どこも痛くないし、
腫れてもないわよ?

実は炎症には「急性炎症」と
「慢性炎症」があります。

腫れたり、赤くなったり、
痛んだりするのは「急性炎症」

「慢性炎症」は痛みや腫れなどの
自覚症状を感じることはあまりありません。

例えば、歯周病、ピロリ菌感染、
アレルギー性鼻炎、アトピー、脂肪肝、
慢性的な便秘や下痢などがあります。

これらの状態は普段はほとんど症状はなく、
ちょっと体調を崩した時に
症状の悪化を感じる程度です。

しかし、「慢性炎症」は自覚症状がない分だけ、
気づきにくく、長い期間をかけて
あなたを痩せにくくしていきます。

「急性炎症」が大火事だとしたら、
「慢性炎症」はちょっと
くすぶっているぐらいのボヤで
火事になっていることに気づかず、
延焼が進んでいくイメージです。

体は知っている

例えば、あなたの住んでいる地域が
災害に見舞われる可能性が高いと知ったら、
どうしますか?

恐らく、食料や水を備蓄したりしますよね?

体も同じで炎症は体にとっては非常事態。

だから、まさかに備えて
代謝を落として省エネモードにして、
ちょっと摂取カロリーを減らしたり、
消費カロリーを増やしたぐらいでは
ビクともしないように守りを固めています。

だって体にとって最重要事項は
命を継続させることだから。

運動よりも大切なこと

運動はめちゃくちゃ大事です。

当店でもお客様には
定期的に運動するように
お勧めしています。

でも、その効果をさらに上げたいなら、
ボヤ対策は必須です。

当店ではダイエットの一環として、
その人に合わせたボヤ対策をご紹介しています。

ボヤが無くなると体が軽くなり、
パフォーマンスもアップしますよ(^^♪

こちらの記事もよく読まれています

腸活体験談の詳細はこちら

 処方せんのお薬はこちら

ひばり快腸堂の電話番号と異なりますのでご注意ください。

076-405-0805

ひばり快腸堂への
ご予約・お問い合わせ

お気軽にお電話ください

0120-240-891

営業時間
    10:00~18:00
  (水曜・日曜・祝日休業)
営業時間内のご予約はお電話がスムーズです。「ホームページを見た」とお伝えください。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

みっちー先生の腸活ブログ